DiscographyHitoshi's Works
Top / Live Informstion / Profile / Blog / BUNNY CLUB / Discography /
Shop / My Guitar / BBS / Link / Music(My Space) / Movie(Youtube)
FLASH BACK
PRODUCED BY HITOSHI YASUDA

2008年
作詞・作曲:安田仁
レコーディング機材:
16ch「Roland VS−1680」
Mastering:曽根田浩輔
(参加)
05:本上大輔(E.B)、川島正悟(E.G)
14:永井高広(E.G)
(収録曲)
01.Good Morning Girl
02.HARD
03.Sunny
04.地平線
05.Your Smile
06.無常の花
07.新たなる旅路
08.Picture On The Wall
09.SARA
10.Shining Star
11.Rainbow
12.君のいない部屋〜Miss You〜
13.Mr.Christmas
14.翼

(アルバムレビュー)
熱き思い

 オープニング曲に勢いのあるアルバムが、特に好きだ。そのまま最後まで引き込まれて聴いてしまうことが多く、充実度も高いと思う。
 ここでも「Good Morning Girl」は、しっかりとその役目を果たして、期待通りの楽曲である。「さあ、どうぞ!」と言わんばかりに流れるイントロに誘われて、ようこそ、あなたも安田ワールドへ・・・。休日の朝に聴くのがよく似合う。真似してカーテンを開けて、「おはよう!」と言ってみる。軽快なリズムに、動きも軽やかになり、今日一日、私にも何かいいことが起こりそう。
 初めて行ったライヴハウス、ドキドキしながら入った受付で、「ようっ!」と話しかけてくれた笑顔を思い出す。飾らない温かい人だと思った。この曲のように爽やかな明るさに出会い、だからこんなステキな曲が作れるのだろうと納得。私にとっても安田ワールドの入り口になった曲で、いい出会いに感謝したい。

 2曲目の「HARD」で一気に乗せる安田マジックの始まりに、さすがと思わずニヤリとした。姉妹曲とも思える「Sunny」「SARA」が同時に収録されているのも、とてもうれしい。Sunny」のメロディが可愛く流れて、芽生えた恋心を切々と歌って虜にしてしまう。SARA」のいじらしさがいい。潔癖さが好き。この曲を聴くといつも心に素直に生きたいと思う。ライヴでは、それぞれに趣を変えた「Sunny」「SARA」に出会えるのも楽しみの一つである。常にアイデアを盛り込んでいるライヴの取り組みにいつも感動してしまう。ファンを喜ばせようとする心意気が伝わって、ライヴハウスは笑顔、笑顔に包まれて幸せな気分で家路に着く。たくさんのファンに囲まれて、一番うれしい笑顔を見せるのは、本人かもしれないな(笑)。私は、そんな安田さんの笑顔を見るのも楽しみなのだ。

 安田ロックは、とっても心地がいい。それまで、あまりロックを聴いていなかった私には、驚きであり、うれしい発見であった。「地平線」での“歩き疲れて 僕は泣いた 泣いた”のフレーズがたまらなくいい。ほとばしる声に思わず、“私も 泣いた、泣いた”。胸に響いて、とってもカッコいいのだ!思いがストレートに届き、そうだ、そうだと、うなずきながら聴いている自分がいる。素直な心の叫びがとても好き、純粋な人だと思う。繊細な心、いろんなことをいち早く察知して表現するセンスの良さは、まさにアーティストなのだと思う。

 Shining Star」では、迷い、もがきながらも一点を見据えて進む気高さを見事に歌いあげている。十代から、たくさんの楽曲を作り続けてきたアーティストの原点は、この気高さを持ち続けていることだと思う。だからこの人の曲に品性を感じる。だから心地よく聴ける。だから包まれる。だから癒される。だから、だから・・・がいっぱいで溢れそう。歩んできた道を思うと、胸が熱くなった。

 Your Smile」のせつなさ、「無常の花」の哲学、「新たなる旅路」の勇気。「君のいない部屋」の追憶にしばらく浸ってみるのもいい。心地よく洗練されたメロディにこれからの楽曲をますます楽しみにさせる新曲、「Picture On The Wall」 や「Rainbow」。

 アルバム初収録、帰ってきた楽曲「Mr.Christmas」が、軽快に一段と盛り上げて華やかだ。ぜひ聴いてみたかった曲だけに、とても得した気分、思った通り、充実のアルバムである。楽しくて仕方がない。

 行く先に希望を歌いあげた「翼」は、何度聴いても清々しい感動を呼ぶ。この曲をエンディングに持ってきた思いをしっかりと受け止めたいと思う。

 ライヴでの人気曲が勢揃いして、この一枚でライヴデビューしても楽しめそう。

 新しくなったサウンドは?これまでの楽曲は?これからは?といろいろと辿りたくなるのもこのアルバムの醍醐味ではないだろうか。音楽はメッセージであり、人生そのもの。色とりどりの楽曲は、色とりどりの人生でもあると思う。14曲それぞれに、思いを馳せて聴いてみるのもおもしろい。

 う〜ん、楽しくて贅沢なアルバムだ!そう思った時、安田さんの満足気な笑顔が浮かんだ。やはり笑顔の似合うアーティスト、ずっとその笑顔に出会っていたいと思う。今後をますます楽しみにしながら、心からのエールを送りたい。(檸檬)
<ALBUM>
MYSTERIOUS HANDS / WE ARE THE BAND / KICK THE SUN ! /
SHOOT / BRILLIANT GAME / ACTION ! /
LIVE MAN / ROND ROUND ROUND / SKETCH MUSIC /
HARD WAY / Dr.ポップの逆襲!!/ GET BACK TO THE FINE DAY /
SELECTIONS & PRESENTS / FLASH BACK / ボクの宇宙 / Friendship